MENU

【おつまみの話】「魚」が先か「肴」が先か

この記事をシェアする

f:id:yaffee28ppm:20200403201929j:plain



 

 

【おつまみの話】

このシリーズでは知って得するかわかりませんが、意外と面白いおつまみの話をしていきたいと思います。1回目は「魚」と「肴」の話です。

 

 

居酒屋や料理のあるバーなどでちょっとしたおつまみのことを「肴」と書いたメニューを見ることがあると思います。その時に「肴(さかな)」と呼ぶのに魚以外のおつまみもその一覧に含まれているのに疑問に思ったことはありませんか?

そこで今回は「肴」という文字をテーマのおつまみの話をしていきたいと思います。

 

「肴」の語源

 

もともと日本では、お酒と一緒に食べるものを「酒菜(さかな)」と呼んでいました。この時の「菜」という言葉は「おかず」という意味で使われていました。つまり「酒のおかず」という意味で「酒菜」という呼ばれ方がされていたそうです。

 

そこに中国から「酒を飲むときに添えられる料理」という意味の「肴(コウ)」という漢字が伝わってきます。もともとおつまみには「酒菜」という文字を使っていた日本人はこの「肴(コウ)」という文字を「肴(さかな)」と呼ぶようになったのが「肴」の語源だそうです。

奈良時代の文献にはすでに「酒の肴」という言葉が見られています。

 

当時の代表的な「肴」は

塩、味噌、塩辛、貝の干物、果物、木の実、焼き魚、蒸し貝、野菜の煮物など

 

が多かったといわれています。

 

「魚」の語源

 

そして現在世間一般的な「魚(さかな)」の語源ですが、もともとは「魚」はそのまま「うを」(のちに「うお」)と呼ばれていました。周りを海に囲まれた日本では酒とともに食べていた「肴」は魚介料理が多かったそうです。特に江戸時代ぐらいには江戸湾で漁が盛んとなり、一般の人たちの酒の席によく魚介系のおつまみが定番となります。そこから江戸時代ぐらいに「魚」も「うお」から「さかな」と呼ばれるようになったそうです。

 

つまり「肴」と「魚」とでは「肴」のほうが先ということです。

そして「肴」は別に魚介系のおつまみ以外、極端に言えばサラミやビーフジャーキーも「肴」と呼ぶことができます。

 

(諸説あり)

以上【おつまみの話】意外と知らない「肴」と「魚」の違いでした。

 

次回は「おつまみ」と「あて」の話をしていこうと思います。