MENU

暑い夏にピッタリ!スモーキー×爽やかな『ラフロイグ香る水信玄餅』!!1804デメララ ラムと合わせてみました!!

この記事をシェアする

f:id:yaffee28ppm:20200805160011j:plain





日常の作った料理を、普段の僕が楽しんでいるウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

 

 

第14回目の今回は

 

ラフロイグ香る水信玄餅

 

※実際の『水信玄餅』とはレシピや配合自体少し違ったものになっています。その分触感も少し違ったものになっているので、そこはご了承ください。

 

 

 

 

材料

 

f:id:yaffee28ppm:20200805155835j:plain

ミネラルウォーター(今回は熊野古道水)……500g

粉寒天……3g

砂糖(今回はきび糖)……20g

ラフロイグ……30ml

 

 

きな粉、黒蜜……お好み

 

作り方

 

作り方自体はめっちゃくちゃ簡単です。

食べると水に変わる絶妙な触感となるための、配合のバランスが難しいところです。

ただ失敗したときの対処法も載せておくのでご安心ください。

 

まずミネラルウォーターに粉寒天を入れて沸騰させます。

この時の粉寒天の分量は正確に測ってください。

この分量が少ないと形を保てないですし、多すぎると固く、白く濁ってしまいます

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200805160236j:plain

沸騰したら2分ほど弱火で沸かし続けます

寒天なのでここを省いてしまうとうまく固まらなかったり、ダマになったりします

 

2分沸かしたら、砂糖を入れます。

この砂糖は「甘み」というより

 

信玄餅の保水性を高めるため

透明度をよりよくするため

 

このような効果があるため、砂糖を入れます。

砂糖が溶けたらラフロイグを投入!!

 

 

後は器に流して常温まで冷めたら冷蔵庫で2時間以上冷やして完成

 

f:id:yaffee28ppm:20200805160348j:plain

この時あまりにも柔らかかったら、もう一度火にかけて粉寒天1gを入れて沸かし、型に流して冷やせばOK

固かったときも同様に火にかけて水で調節してください。

 

 

実食!!

 

 

型から取り外し、多めのきな粉と黒蜜をかけていただきます!!!

f:id:yaffee28ppm:20200805160525j:plain

 

まずスプーンを入れたら、ぎりぎりすくえるぐらいの柔らかさ。水なのか、ゼリーなのか不思議な感じです。

 

食べてみると即なめらかな舌触りの水に!!!(笑)

そして舌一杯に広がると一気に香るラフロイグ!!(笑)

 

ラフロイグのクセのある香りとスモーキーフレーバーは健在で、黒蜜ときな粉が想像以上にめっちゃ合う!!

 

多分ですが、ラフロイグ独特のクセとバナナのようなフレーバーが黒蜜きな粉と相性がいいんだと思います。

 

 

レモンハート 1804 デメラララムに合わせました!!

 

f:id:yaffee28ppm:20200805160011j:plain

黒蜜と相性がいいということは間違いないだろうと思い、合わせてみたら間違いなかったです!!(笑)

 

 

コクのある甘みが引き立ちつつ、後からラフロイグのクセがいい感じに漂ってきてくれます

ラムの甘い香りから徐々にラフロイグの香りに変わってくるところがすごく面白いです。

 

 

これはご一緒に楽しんでもらいたいです!!

 

ただラフロイグって好きな方は好きですが、苦手な方も多いですよね??

今回の水信玄餅のレシピそのまま、ラフロイグ以外のお酒でも十分面白いでしょうし、

水を変えたり、水にハーブ(バジル、シソはうまかったです!)など入れてみたり

いろいろアレンジするのも楽しいと思います!!

 

ぜひご家庭でも試してみてください!!

 

 

 

レモンハート 1804 デメラララムのテイスティングコメントはこちら!!

 

www.yaffee.work